【サンワダイレクト】ワケあり お手軽WEBカメラ  

3.要員選定

(1)候補要員キャリアシートを入手する
    システム会社にシステム開発物件を紹介して、商談が進むとシステム会社から候補となる要員が提示される。ここで候補要員のキャリアシートを、必ず速く入手することが必要である。キャリアシートの提示により、候補要員のプロフィールをBYNAMEで面談以前に十分に把握できるからである。キャリアシートのチェック項目としては、今回必要となる技術・業務の経験期間、役割、最寄駅、保有資格、等である。また、責任者に候補要員がシステム会社のプロパー社員か否かを確認する。経験期間が長く、役割もより上位で、作業場所に近く、向学心がある、そのシステム会社のプロパーである、が理想である。
(2)要員との面談を工夫する
    要員との面談は必ず行う。外注担当は受け入れる社員グループの開発リーダーに、事前にキャリアシートを渡しておく。外注担当、開発リーダーが実際に面談して採否を決定する。
    実際の面談では、
    ①キャリアシートの内容を要員が知っているかの確認、
    ②要素技術・業務経験の確認、
    ③要員が最も力を注いだ作業の具体的説明、
    ④要員が携わった役割の認識、
    ⑤勤怠服務、
    ⑥健康状態・持病
    等について聴取する。
    面談では要員にプログラムの規模、生産性、品質管理基準、 プロダクトのバージョン等具体的な数値、名称まで把握しているか確認の工夫をする。
今回のチェックポイント
  • 候補となる要員のキャリアシートをなるべく早く、必ず入手している。
  • キャリアシートで要望する要素技術・業務の経験期間を確認、評価している。
  • キャリアシートで経験している役割を確認、評価している。
  • キャリアシートで最寄駅が作業場所へ通勤困難でないことを確認している。
  • キャリアシートで保有資格を確認している。
  • 候補となる要員がプロパーか否かを責任者に確認している。
  • 要員の面談は必ず行う。
  • 面談には、受け入れ社員グループリーダーが面談して採否を決定する。
  • 面談で候補要員の要素技術・業務経験について具体的に聴取する。
  • 面談で候補要員の経験した役割について具体的に説明をしてもらう。
  • 面談で候補要員が最も力を注いだ作業を具体的に説明してもらう。
  • 面談で候補要員の勤怠服務の状態について具体的に確認している。
  • 面談で候補要員の健康状態・持病について、プライバシーに考慮しながらも、具体的に聴取している。